2021年4月のレッスンスケジュール

4月から新しいシステムでのレッスンをスタートします。一人一台しっかり作る「実習クラス」を2クラス、ちょっとだけお手伝いあり、お土産ありの「デモンストレーションクラス」の3つのクラスです。今月は全てのクラスでいちごを使います。どのクラスも美味しくて美しいお菓子を作りますので、お好きなメニューをお選びくださいね♫

フランス菓子コース 
実習クラス Ⅰ:『タルトフレーズ』(レベル2☆☆★★)
『タルトフレーズ』を作ります。フレーズとはフランス語でいちごのこと。春の果物の代表選手であるいちごを使ったタルトです。中にはピスタチオクリームを入れて、タルト生地をしっかり焼き上げます。上には旬のいちごをたっぷり乗せた春らしく可愛いタルトです。コクがあってサクサクのタルト生地は、甘酸っぱいいちごと相性抜群です!見た目は華やか、食べて美味しいタルトを作りましょうね♬

『タルトフレーズ』

フランス菓子コース 
実習クラス Ⅱ:『ポワソンダブリル』(レベル3☆★★★)
フランス語でポワソンは魚、ダブリルは4月のこと。「ポワソンダブリル」とは「4月のお魚」という意味です。4月1日と言えば、日本でもお馴染みのエープリルフール。「ポワソンダブリル」はフランス版のエープリルフールといったところです。由来は「魚は鯖のことを表しており、4月になるとあまりお利口でない鯖は簡単に釣れる」というところからきている説。「シャルル9世が新年の始まりをそれまでの3月末から1月1日に変更したのに反対して、4月1日をウソの新年とし、贈り物として偽の魚を贈った」という説。「4月初めは魚の繁殖期で漁が禁止されていたため、漁師は偽の魚を贈った」という説などなど。本当にたくさんの諸説があります。日本と違うのは、「ポワソンダブリル!」と言ってフランスの人たちが魚をかたどった料理やお菓子ををみんなで楽しんでいる、ということころです。なんか可愛らしい習慣ですよね。ちょっと間の抜けた愛嬌のある美味しいポワソンを作りましょうね♫

『ポワソンダブリル』

フランス菓子コース デモンストレーションクラス
メニュー:『スワン』『マドレーヌコメルシー』『いちごのサブレ』(お土産あり)

『スワン』:スワンとは白鳥のこと。シュー生地を使って美しい白鳥のお菓子を作ります。シュー生地は絞り方によって色々な形を表現する事ができます。シュー生地の作り方、絞り方、焼き方のポイント、そして絶品クリームの作り方も丁寧にお見せします。
『マドレーヌコメルシー』:18世紀にフランスロレーヌ地方のコメルシーに住んでいた女性マドレーヌさんが考え出したと言われている、貝殻型の焼き菓子です。今では世界中に知られている、ロレーヌ地方自慢のお菓子です。
『いちごのサブレ』:春の時期にぴったりなピンク色の可愛いサブレです。

『スワン』
『マドレーヌコメルシー』

★4月のレッスン★
<メニュー>
実習クラス Ⅰ:『タルトフレーズ』(16cm1台)
実習クラスⅡ:『ポワソンダブリル』(18cm1台)
デモンストレーションクラス:『スワン』『マドレーヌコメルシー』『いちごのサブレ』(お土産あり)

<備考>
新型コロナウィルス感染拡大の現状を見まして、4月の『実習クラス』のティータイムは全て中止とさせていただきます。なお、『デモンストレーションクラス』につきましては、万全の対策の上、ティータイムを実施させていただくことといたしました。どうぞご了承くださいませ。


「初回お試しレッスン」としてご入会前にお一人様1回、レッスンにご参加いただくことができます。お教室の雰囲気を感じてくださいね♫ お菓子教室 Ledru-Rollin(ルドリュ ロラン)レッスン受講ご希望の方はこちらまで。ご参加お待ちしています。   
contact@ledru-rollin.com
お問い合わせフォーム



2021-03-03 | Posted in Lesson, NewsComments Closed 

関連記事