2019年10月のレッスンスケジュール

10月のレッスン内容です。

<お菓子入門クラス>
実習では『チョコレートスクエアケーキ ブラウニー風 』を作ります。ブラウニーのように簡単に作れて、ブラウニーよりもチョコレートをしっかりと濃厚に感じるケーキを作ります。見た目は似ているけど、ブラウニーとは全く違う濃厚なチョコレートケーキです。なので名前は「ブラウニー風」。サブメニューでは、スパイスたっぷりのシロップで煮込んだ『洋梨のコンポート』をご紹介します。

お菓子入門クラス『チョコレートスクエアケーキ ブラウニー風』

お菓子入門クラス『洋梨のコンポート』

 

<フランス菓子初級クラス>
今回はケークサレがテーマです。サレとはフランス語でお塩のこと。つまり甘くないお菓子のことです。実習では『キッシュロレーヌ』を作ります。『キッシュロレーヌ』は、16世紀のフランス、アンリ3世の時代にフランス北東部アルザス・ロレーヌ地方のロレーヌで生まれた伝統的な郷土料理です。1904年に『料理法』というフランスの司厨士協会の機関誌に紹介されてフランス全土に広がりました。一昔前、ロレーヌ地方におけるキッシュロレーヌは、長い冬に別れを告げて春の訪れを喜ぶ料理であり、5月1日には春の訪れのお祝いとして食卓に並んでいたそうです。サブメニューでは、キッシュと同じ生地を使った2種類のプティサレ、玉ネギを使った『ピサラディエール』と簡単にできる『ミニピッツァ』をご紹介します。

フランス菓子初級クラス『キッシュロレーヌ』

フランス菓子初級クラス『ピサラディエール』と『ミニピッツァ』

 

<フランス菓子中級クラス>
『モンブラン』を実習で作ります。言わずと知れたこのお菓子。どのお菓子屋さんを覗いても必ず置いてある栗を使ったお菓子です。アルプス山脈の雪の積もった山から名付けられており、フランス語で「白い山」という意味を持っています。人気のお菓子だけに、栗とその中味の組み合わせは多種多様。そのお店、パティシエによって千差万別です。今回のレッスンでは、私が理想とするフランス菓子の『モンブラン』を贅沢に丁寧に作り上げ、まるでお店で買ってきたかのような仕上げを目指します。一つ一つが少し大きめの『Ledru-Rollin 特製モンブラン』です。手間も時間もかかりますので、今回はこの1品のみのメニューとなります。(ティータイムには何か1品添える予定です)

フランス菓子中級クラス『モンブラン』

★10月のレッスン★
<メニュー>
お菓子入門クラス:チョコレートスクエアケーキ ブラウニー風(実習15cm1台)、洋梨のコンポート(サブ)
フランス菓子初級クラス:キッシュロレーヌ(実習・16cm1台)、ピサラディエール・ミニピッツァ(サブ)
フランス菓子中級クラス:モンブラン(実習・4〜5個分)、ティータイムであと1品あり
<日程>
7日(月)14時 お菓子入門
8日(火)10時 フランス菓子初級
10日(木)10時 フランス菓子初級
12日(土)10時 フランス菓子中級
13日(日)10時 フランス菓子中級
14日(月・祝)10時 フランス菓子中級
19日(土)10時 フランス菓子初級
20日(日)10時 お菓子入門

※10月よりレッスンの消費税が10%に上がりますので、ご注意くださいませ。


お菓子入門クラスとフランス菓子初級クラスでは「初回お試しレッスン」として入会前にお一人様1回、レッスンにご参加いただくことができます。お教室の雰囲気を感じてくださいね♫ (フランス菓子中級クラスではお試しレッスンはしていません。)お菓子教室 Ledru-Rollin(ルドリュ ロラン)レッスン受講ご希望の方はこちらまで。ご参加お待ちしています。

2019-09-01 | Posted in Lesson, NewsComments Closed 

関連記事