平成最後の日を迎えて

2019年4月30日、30年と4ヶ月続いた「平成」の時代が今日終わろうとしています。平成生まれ、と聞くだけで「若い!」「新時代の人達!」なんて思ってたりしましたが、元年に生まれた方は30歳、または31歳になるんですね。新時代に生まれた方たちも、すっかり良い大人の年齢です。

子供の頃、明治生まれの祖母に対して、「明治、大正、昭和と3つの時代を生きてるなんて、おばあちゃんすごーい」なんて、尊敬の念ではなく年齢いじりとして、ちょっとユーモラスにからかっていたことを思い出します。そんなことを言っていた自分が、今ではすっかり「昭和、平成、令和と3つの時代を生きてるなんて、すごーい」人になってしまいました(笑)。

新しい時代を迎えること。実際、今日と明日がそんなに大きく変わるとは思いません。でも、気持ちも新たに一歩進む良いきっかけにはなるかもしれませんね。「平成」の時代にできなかったことに挑戦してみたり、やり残したことにもう一度向かってみたり、後悔していることや反省していることに対して自分を変えてみたりとか。。。時代の変化は、人の人生にも少しばかりチャンスをくれているかもしれません。

そして、平成最後のこの日。私と主人にとっては毎年忘れられない大事な日。4月30日は前の猫ちゃん、みゃーこの命日なんです。そういう意味で、我が家にとってはかけがえのない、感慨深い日でもあります。みゃーこについては、以前このブログでも紹介させていただきましたので、下にリンクを貼っておきますので、良かったら読んでみてくださいね♬

みゃーこのお話 その1
みゃーこのお話 その2

昭和の時代に初めて作ったお菓子。平成の時代に本格的に学び始め、フランスに留学するほどに魅了されたお菓子。明日からの令和の時代は・・・。私の愛するお菓子をもっともっとたくさんの人に知っていただき、愛してもらえるように努力していきたいと思います。皆様、これからもどうぞ宜しくお願いします。

平成最後の日、どうぞ皆様、素敵な1日をお過ごしくださいね♬

———————————————————————————————————————————————-お菓子教室 Ledru-Rollin(ルドリュ ロラン)でのお試しレッスンのお申し込みはこちらへどうぞ

 


Comment





Comment



CAPTCHA


関連記事