10月のレッスンスケジュール

10月のレッスン内容です。

<お菓子入門クラス>
実習で「ヴィエノワ(絞り出しクッキー)」を作ります。サクサクとした軽い生地で、一つ食べると止まらなくなってしまうクッキーです。見た目も華やかでプレゼントにもぴったりです。お菓子作りの中で少し高度な技術の”絞り”。今回はこのクッキー生地を使って、この絞りを体験していただきます。一つの生地で3種の絞り方を学びます。サブメニューで「簡単ババロワ」をご紹介します。その名のとおり、数ある作り方の中でも一番簡単にできるものをご紹介したいと思います。

お菓子入門クラス「ヴィエノワ」

お菓子入門クラス「簡単ババロワ」

<フランス菓子初級クラス・デモンストレーションクラス>
両クラスとも今回はケークサレ。サレとはフランス語でお塩のこと。つまり甘くないお菓子のことです。
フランス菓子初級クラスでは、実習で『キッシュロレーヌ』を作ります。『キッシュロレーヌ』は、16世紀のフランス、アンリ3世の時代にフランス北東部アルザス・ロレーヌ地方のロレーヌで生まれた伝統的な郷土料理です。1904年に『料理法』というフランスの司厨士協会の機関誌に紹介されてフランス全土に広がりました。一昔前、ロレーヌ地方におけるキッシュロレーヌは、長い冬に別れを告げて春の訪れを喜ぶ料理であり、5月1日には春の訪れのお祝いとして食卓に並んでいたそうです。サブメニューでは、キッシュと同じ生地と玉ネギを使った『ピサラディエール』をご紹介します。

デモンストレーションクラスは『キッシュロレーヌ』と『ピサラディエール』をお見せします。ティータイムにはこの2品に加えて数種類のお菓子をお出しします。簡単なお土産付きです。

フランス菓子初級クラス「キッシュロレーヌ」

フランス菓子初級クラス「ピサラディエール」

<フランス菓子中級クラス>
実習では『シャルロットポワール』を作ります。ふわふわのビスキュイ生地を細長く絞り出してふっくら焼き上げます。19世紀に活躍したパティシエ、アントナン・カレーム氏がロシア皇帝に使えていた頃に考案したお菓子。洋梨のムースの上にシロップ漬けの洋梨をたっぷりと飾り、華やかに仕上げます。サブメニューでは『チュイルダンテル』をご紹介します。デザート皿によく使われるアーモンドダイスを使って薄く焼き上げた食感の良いお菓子です。

フランス菓子中級クラス『シャルロットポワール』

フランス菓子中級クラス『チュイルダンテル』

★10月のレッスン★
<メニュー>
お菓子入門クラス:ヴィエノワ(実習・3種類約50個分)、ババロワ(デモ)(サブ)
フランス菓子初級クラス:キッシュロレーヌ(実習・16cm1台)、ピサラディエール(サブ)
フランス菓子中級クラス:シャルロットポワール(実習・15cm1台)、チュイルダンテル(サブ)
デモンストレーションクラス:キッシュロレーヌ、ピサラディエール、他試食数種類、お土産付き
<日程>
8日(日)10時 フランス菓子中級
9日(月・祝)10時  フランス菓子初級
18日(水)10時 フランス菓子初級/14時 お菓子入門
19日(木)13時 デモンストレーション
21日(土)10時 フランス菓子初級/14時 フランス菓子初級
22日(日)10時 お菓子入門

美味しいものがたくさん出てくる秋。いよいよ食欲の秋です(笑)。そしてこの時期はお菓子を作るにはとても良い気候でもあります。楽しくレッスンしましょうね♬


「初回お試しレッスン」として入会前にお一人様1回、レッスンにご参加いただくことができます。お教室の雰囲気を感じてくださいね♫ お菓子教室 Ledru-Rollin(ルドリュ ロラン)レッスン受講ご希望の方はこちらまで。ご参加お待ちしています。

2017-08-31 | Posted in Lesson, NewsComments Closed 

関連記事