8月の夏季特別講習会レッスンレポート

8月は通常クラスのレッスンはお休みで、年に数回の特別レッスンを実施しました。

ラズベリーのガトーボワヤージュ

ラズベリーのガトーボワヤージュ

今回はフランスMOF称号をお持ちの大先生から教えていただいた、パリのエスプリを思い切り感じられる焼き菓子「ラズベリーのガトーボワヤージュ」を実習で作りました。このお菓子に出会った時、やっぱりフランス人の感性って素晴らしいなぁと素直に感動しました。砂糖もバターもたっぷり入っているはずなのに手が止まらなくなる軽さを感じる焼き菓子。焼きっぱなしのシンプルな土台に魔法を掛けたようにキュートに仕上げるセンスの良さ。日本ではちょっと出会えない一品です。ただこのお菓子の素晴らしいのは、材料がリッチなのに簡単に作れるところ。とにかく、グルグルグルグル混ぜるだけ。混ぜて、型に流して、オーブンに入れる、それだけなんです。

今回のお菓子は既に写真も公開していましたので、期待で胸を膨らませてレッスンにお越しになった方が多かったように思いました。「こんなに可愛いお菓子はどんな味がするのかしら」「パリの最新のお菓子だから難しいのじゃないかしら」「ちゃんと仕上げられるかしら」などなど、それぞれに色んな思いがあったようです。実際にルセットをお渡して説明をすると、あまりの行程のシンプルさに皆さん驚かれていらっしゃいました。

焼き上がったお菓子の上にするフルーツのデコレーションも楽しい時間です。飾り用のフルーツやマーガレットをお出しすると、「可愛い〜♥️」の声が。そして、ここからがデコレーションの面白いところ。同じフルーツを同じ数だけお配りしたのですが、出来上がりは皆さんそれぞれに違います。デコレーションは一番個性が発揮されやすい部分ですから、私も見ていてとてもワクワクします。出来上がったデコレーションを見せ合い、「これはこんな感じ」「こっちはこんな感じ」と生徒さん同士で感想を言われていたのも、微笑ましい一時でした。

 

特別レッスン1

生徒さんの作品

生徒さんの作品

生徒さんの作品

もう一品は、デモンストレーションの「桃のヴェリーヌ」。
今回は実習よりもこちらの方が手が込んでいて時間がかかったように思います。3層のヴェリーヌを作りましたが、上から下まで桃づくし。一つ一つのパーツを別々に食べても美味しいのですが、3段合わせていただくと口いっぱいに桃を感じる贅沢なデザートです。いちごでもない、ラズベリーでもない、桃ならではの可愛い薄いピンクがとても愛らしく、目にも癒してくれました。皆さん一生懸命私の説明を聞いてくださり、一つ一つ確かめながらメモを取られていました。今回のヴェリーヌは私のオリジナルでしたが、私が今まで考えたルセットの中でもかなり上位に入るくらいお気に入りの一品です。

桃のヴェリーヌ

桃のヴェリーヌ

 

8月の最終週ではありましたが、今回ご参加くださった皆様、特別レッスンにお越しいただき、本当にありがとうございました。自信作となった2品をご紹介することができて、とても嬉しかったです。
またこのような特別レッスンができるように、美味しくて美しいお菓子を考えますね!

特別レッスンティータイム

特別レッスンティータイム

特別レッスンティータイム2

特別レッスンティータイム

———————————————————————————————————————————————お菓子教室 Ledru-Rollin(ルドリュ ロラン)での体験レッスンはこちらへどうぞ


2015-09-03 | Posted in レッスンレポートComments Closed 

関連記事